中学入試と文化祭

中学入試を検討しているのであれば、入学可能性のある学校の文化祭には一通り参加しておくことが望ましいです。
小学生の段階で中学や高校のイメージを持たせることは難しいのですが、厳しい受験勉強の息抜きの意味合いもかねて参加させておくと受験会場の下見にもつながり効果的です。

 

また、小学生であるがゆえに、文化祭で楽しいと感じられればモチベーションが大きく向上する可能性もあります。
また、保護者も付き添っていくことで学校のイメージをつかみやすくなり、娘や息子を入学させるに値する学校かどうかを判断する材料になります。
また、学校によっては文化祭に合わせて入試対策講座が行われるケースもあります。
こうしたケースでは実際に出題に当たっている先生の授業を受けられるなど合格に近付けるチャンスもありえるので、積極的に情報収集しておき必要に応じて参加するべきです。

 

複数の学校の文化祭が重なってしまう場合には、塾の協力も得ながら受験情報を集めておくことが求められます。
文化祭は普段はなかなか入りにくい学校が進んで外部に情報を公開する機会なので、厳しい中学入試戦争を勝ち抜いていくためにはぜひとも活用すべきです。

 

小学生も文化祭と聞くと悪いイメージを持つことは少ないので、小6のみならず、小3や小4などの早い時期からも積極的に参加させて、受験に対する意識を少しでも高めさせてやると最終学年になるまでに基礎力をつけておくことができトータルで見るとラクになります。