中学入試の難易度について

中学入試の難易度は、難関と言われている名門校を志望する、生徒たちの質によって決まります。
出題される試験問題そのものは、ふるいにかけるための難問はごく僅かで、ほとんどが、基礎がしっかりと理解していれば解答することができるものばかりで構成されています。
それらの問題への取り組みは、事前の勉強を通じて、しっかりとマスターをしていれば、誰しもがこなせるものであるだけに、些細なミスが合否の分かれ目になります。

 

このミスをすることが、極めて少ない生徒たちばかりが志願をしています。
そこまでのレベルに到達させるためには、小学校時代に、相当量の勉強をこなした上で臨まなければなりません。
すなわち、中学入試の難易度は、試験問題の内容によって左右されるものではなく、中学入試に向けて、どのような取り組み姿勢を貫いてきか、小学校時代にどのような学び方をしてきたのかを問うものになります。
単なる受験テクニックだけをマスターして、要領良く試験をこなすという方法も取れない訳ではありませんが、それだけを身につけて臨みますと、思わぬミスを生じかねません。
確かに、出願倍率によって、難易度が測られることはあります。
また、偏差値という志願にあたってのハードルも設定されてはいます。
ただ、それらの値に惑わされ過ぎてしまいますと、本来の実力を発揮することができなくなってしまいます。
くれくれれも難易度にこだわりすぎずに、果敢に挑戦していくことが大切です。