中学入試をするならおすすめの読書

親にとって子供の教育をどうするのかはいろいろ悩むところです。
子供の将来を考えて学歴をつけたほうがその後の人生にも役立つと考え中学入試を考える親も多いです。

 

中高一貫でしっかり学力をつけることでその後の大学受験でも有利になると考えるからです。
中学入試にはまずは中学入試専門の塾に入ることが必要です。
そこでしっかりと学ぶことが必要ですが、家庭での学習というものも必要になっているのです。

 

たとえば国語を学ぶうえで必要なのは、語彙力と読解力です。
また本を読む速さも早いほうがいいのです。ですから普段から家庭で本を読む習慣をつけさせたほうがいいです。

 

では中学入試をするためにおすすめの読書方法ですが、小学校低学年から本を読ませるということです。
そのためにも幼児期から絵本に慣れ親しんでいくことが大切なのです。
いつも身近なところに本があって、読むのが当たり前の環境にさせるのが必要です。

 

そのため、親も普段から本を読む姿を見せておくということが大事です。
中学入試の勉強が本格的になるのは小学校6年生で、その頃では忙しくて読書がなかなかできなくなります。
ですから5年生までにしっかりと読書させておくことがいいのです。

 

どの本がいいかといえば、国語の過去問題に出題された本には感動的だったり、面白い内容の本が多いのでお勧めです。
ネットで過去に出題された本をみつけて、親がある程度選んでおくといいでしょう。
早い段階でそのような本を読んでおけば、受験のときにその本から出題される可能性があるからです。
そうでなかったとしても良い本をたくさん読むことで、自然と読解力はついているはずです。