中学入試におすすめの地理の勉強法について

中学入試で、志望校に社会がある場合は地理の学習は欠かすことのできないものです。

 

また、地理と歴史の融合問題というものも出題される可能性があるものです。
地理の勉強法の基本はまず、地図(地図の使いかた)に慣れるということです。
地理という分野はなんと言っても、学習をする際には地図帳を手元に置いておくことが大切です。
参考書での学習や塾、予備校の講座のテキストの予習、復習の際にも地図帳を参照しながら、どの地方(どの県)のどの場所かということを確認していくことが大切です。

 

このような細かい学習が地図の問題を解くための対策となります。
また、地図帳のほかでは白地図というものがあります。
これは、主要な山地や山脈、川の名称や盆地などを書き込んで覚えることができるものですが、白地図を使って各都道府県の形というものをイメージしながらおこなうと、それぞれの県の形というものが覚えられるでしょう。

 

例えば、学習した地名に関して、この場所はどの地方にある、何県で県庁在地がここにあり、特産品はこのようなものがあるといったように理解ができるようになります。
資料集も学習には大切なもので、降水量や生産高など棒グラフや円グラフ、折れ線グラフなどで示されているため、このグラフはどの地域のことをあらわしているかを確認しながら学習しておくことも、このようなパターンの中学入試の地理の問題には出題されることが多いため、必要なことと言えます。