中学入試と母親に求められる服装について

中学入試は小学校受験とは違い、親子面接を実施している学校はそれほど多くありません。
ただし、専願入試の場合は親子面接を行う学校もあります。
この場合平日に行われることがほとんどなので、母親のみが付き添うことが多くなります。

 

この面接もあくまでも主役は子どもであり母親は付添いなのですが、服装にはやはり気を使う必要があります。
基本は華美にならず、控えめであり、清潔感があることでしょう。

 

具体的には、黒やグレーのスーツ、白いブラウス、肌色のストッキング、黒のパンプスといったところです。
校内でスリッパに履き替える際もできれば黒、願わくばある程度フォーマルに見える室内履きを持参すると良いでしょう。
ただし、ヒールの音がカチカチと響くものは控えます。

 

たまにフォーマルな格好だからということで喪服を着ている保護者もいるようですが、これは決して良い印象を与えません。
中学入試の意味合いを考えると、ふさわしくないことはわかるはずです。
スーツは必ずしも高級なものである必要はありません。
むしろブランド物とはっきりとわかるようなものや、華美なデザインのものは悪目立ちする可能性もあります。

 

それよりも、清潔感があることが大切です。
しわやほころびがないかを確認し、できれば着用前にクリーニングに出しておくと安心でしょう。
親子面接がない場合も、母親が送り迎えをする場合は同じような服装が無難です。
主役はあくまでも子どもですが、その妨げにならないように心がけましょう。